特集眠れない原因と対策や最近話題の「寝活(ねるかつ)」ほか、寝苦しさを解消する快眠術をご紹介!

すべての眠れない人に贈る!快眠ライフ術 健康的な人間にとって、毎日の「睡眠」は欠かせないもの。しかし、近年では不眠傾向にある20~30代の人が増加しているそうです。また、これからジメジメする梅雨や熱帯夜の季節がやってくると、快適な睡眠はしにくくなるもの。本特集では、不眠を引き起こす原因と対策、最近話題の「寝活(ねるかつ)」、ぐっすり眠れる「快眠術」をご紹介します。

  1. Vol.1 眠れない原因と対策(前編)
  2. Vol.2 眠れない原因と対策(後編)
  3. Vol.3 快眠テクニック
  4. Vol.4 寝活(ねるかつ)のススメ

Vol.4 寝活(ねるかつ)のススメ

寝ている間にキレイになる! 「寝活(ねるかつ)」のススメ

「寝活(ねるかつ)」というキーワードをご存知でしょうか。「寝活」は、睡眠時間を美容や健康のために活用する、というライフスタイル。そもそも人間にとって、睡眠と美容は密接な関係があります。最終回は、睡眠が美容に働きかけるメカニズムや「寝活」応援グッズなどをご紹介します。「寝活」で良質な睡眠とキレイを手に入れましょう!(文・写真:佐藤隆博/粘土制作:のぐお)

良く寝る人は肌も美しくなる!?

「睡眠不足は肌荒れのもと」とは良く聞きますが、これって本当なのでしょうか? ズバリ結論を言うと、本当です! 就寝中は身体の代謝が良くなり、睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が、肌を構成する新しい細胞を作ってくれます。

成長ホルモンは「ノンレム睡眠」の3~4段階目に分泌が促進されることがわかっています。人間は睡眠中、脳の眠りの「ノンレム睡眠」と、身体の眠りの「レム睡眠」を繰り返しています。眠りについた直後にレム睡眠に入り、それからノンレム睡眠→レム睡眠→ノンレム睡眠…と繰り返し、周期はだいたい1セット90分。ノンレム睡眠3~4は眠り始めの2サイクル(約3時間)で得られることが多いので、寝付きがスムーズであるかがカギとなります。また、睡眠中の姿勢にも気を使ってみましょう。身体が楽に感じる姿勢で寝れば、血行も良くなります。人間の身体は、酸素や栄養は血液によって運ばれているので、血の巡りを良くすれば、それだけ新陳代謝も活発になります。

「正しい生活リズム」はダイエットに勝る!?

スタイルの良い人やダイエットに成功した人の生活リズムは、規則正しい生活を送る人が多い傾向にあります。反対に、なかなかダイエットできない人は、不規則な生活を送っている場合が多い。なぜだと思いますか? 近年の研究結果によると、睡眠が不足すると「食欲を増進するホルモンが増える」ということがわかっています。しかも、ギトギトした脂っこい食べ物を好む嗜好にもなりがち、というオマケ付き。

ダイエットに取り組みたいと思っている人は、その前に生活リズムを改善してみてはいかがでしょう。規則正しい生活をするだけで効果が期待できるなら、試してみる価値はアリ! 仕事で疲れているカラダに鞭打って毎日ジョギングをしたり、食事制限をするよりもハードルは低いはずです。
ただし、ひとつだけ注意なのは、前回の記事で紹介したように「食後から最低3時間は眠らない」こと。睡眠時間を確保しようとして、食べた後すぐに横になってはいけません。胃にある食べ物がきちんと消化されてから眠りにつきましょう。

アンチエイジング作用を持つ「メラトニン」

夜になると眠くなるのは、「メラトニン」というホルモンの働きによるものです。メラトニンとは、脳の中で分泌されるホルモンで、眠りを誘う作用を持つため「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。人間は脳からメラトニンが分泌されると眠気を感じ、睡眠中はさらに多くのメラトニンが分泌されています。このメラトニン、眠気を誘うだけでなく、ビタミンEの2倍近い「抗酸化作用」を持っているのが特徴。抗酸化作用は、身体を構成する細胞の老化を防ぎます。つまり、メラトニンはアンチエイジング効果を持っているんですね。

メラトニンの分泌については、私たちが意識的にコントロールすることはできません。ただ、昼間にたくさん太陽の光を浴びておくと、夜暗くなったときに分泌しやすい、という作用があります。日中は規則正しく日光を浴びて、夜は照明を暗めにして、メラトニンの分泌を促すと良いでしょう。

しっかり眠れていないと感じたらお医者さんへ!

きちんとした生活を送って十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず、日中に眠くなってしまう人は、ひょっとしたら睡眠障害かもしれません。まず、最近良く耳にするのは「睡眠時無呼吸症候群」。これは睡眠中に度々呼吸が止まってしまう病気で、急に大きないびきをかいたり、寝ている間に息苦しくなってしまいます。

このほかにも多種多様な睡眠障害が存在します。睡眠中に手足がかゆくなり、動かしていないと落ち着かなくなる「むずむず脚症候群」や、寝ている最中に無意識に手や脚を動かしてしまい、深い眠りを妨げる「周期性四肢運動障害」。なんらかの影響で受けた精神的なことが気になって眠れない「精神生理性不眠症」、睡眠時間帯が大幅に後ろにずれてしまう「睡眠相後退症候群」、昼間なのに突然意識がなくなり、眠ってしまう「ナルコレプシー」。以上が代表的なものですが、この他にも研究によって多くの睡眠障害が明らかになってきています。

睡眠障害の多くは、本人は気づきにくいもので、周囲から注意されて初めて自覚するものが多いのが特徴です。ほかの人から指摘されたり、寝ているにもかかわらず日常生活に支障が出るようになったら要注意。病院に行って診察を受けましょう。

寝活(ねるかつ)応援グッズ

  • 寝活定番アイテム! 目覚めるとうるおい美肌に

    空気中の水分から生み出される微粒子イオン「ナノイー」と、スチームのチカラで肌のうるおいをキープするナイトスチーマー。さらにお好みのアロマオイルをセットすることで香りの癒し効果もプラスできる。寝ながらエステできる定番アイテム。

    製品名:ナイトスチーマー ナノケア ピンク EH-SA44-P
    発売元:パナソニック株式会社

    WEB

  • 寝ながら美脚の定番! ベストコスメ大賞受賞商品

    横になった姿勢に合わせて設計され、寝ている間に脚全体を引き締める着圧タイツ。足首、ふくらはぎ、ひざ上とそれぞれ異なる圧力を設定した段階圧力設計を採用。つま先がオープンなので、足先の熱も発散できる。

    製品名:寝ながらメディキュット ラベンダー M
    販売元:エスエスエルヘルスケアジャパン株式会社

    WEB

  • 寝ている間に集中ハンドケア

    薬用美白クリームとシルク手袋のセット。シミをケアするビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを含んだクリームを塗り、シルク手袋をしながら就寝することで保湿しながらクリームを浸透させる。手袋はムレにくい天然シルク素材を78%使用。

    製品名:寝ながら美白セット
    発売元:株式会社ドリーム

    WEB

  • ひとつで6役の万能美容液

    化粧水、乳液、美容液、保湿クリーム、リフトパック、EGF(表皮細胞増殖因子。新しい皮膚の再生を促進させる効果を持つ)の効果を持つオールインワン美容液。純正ダマスクローズウォーターを使用し、優雅なバラの香りを演出。

    製品名:美HADAぐせナイトゲル
    発売元:株式会社ドリーム

  • 寝ながら目元を保湿するアイマスク

    深海鮫の肝油から作られた保湿成分「スクワラン」を加工したアイマスク。就寝中に目元を保湿しながらケアできる。綿100%なのでデリケートな目元をやさしくガード。乾燥しがちな飛行機内でも活躍しそうな逸品。

    製品名:スクワラン加工アイマスク
    販売元:株式会社石原商店

    いまスグ購入

  • ゲルマニウム・トルマリン・樹液を配合した足裏シート

    温度が32度以上になるとマイナスイオンを放出し、体内の電流バランスを整えるとされるゲルマニウムの特性を活かした樹液シート。白色のシートを足裏に貼って就寝すると、足裏の余分な水分を吸収して茶色に変色する。

    製品名:ゲルマニウム樹液シート 32枚入
    販売元:大衛株式会社

    いまスグ購入

  • ナイトスチーマー ナノケア ピンク EH-SA44-P
  • 寝ながらメディキュット ラベンダー M
  • 寝ながら美白セット
  • 美HADAぐせナイトゲル
  • スクワラン加工アイマスク
  • ゲルマニウム樹液シート 32枚入

全4回をとおして、快眠を得るための様々な方法を紹介してきましたが、その多くに共通するのが、眠りを誘う大事な要素は、身心ともにリラックスした状態であること。ここに寝具や季節などの睡眠環境が加わります。紹介内容のなかで、もっとも自分に合う方法をセレクトして心地良く眠る術を身に付けましょう!
出典:『快眠セラピー』(KKロングセラーズ刊)

  • Vol.1 眠れない原因と対策(前編)
  • Vol.2 眠れない原因と対策(後編)
  • Vol.3 快眠テクニック
  • Vol.4 寝活(ねるかつ)のススメ

監修者

三橋美穂先生

快眠セラピスト
三橋美穂先生
寝具メーカー研究開発部門長を経て独立。専門知識を背景にしながらも、わかりやすく実践的なアドバイスには定評がある。特に枕は、その人の頭を触っただけで、どんな枕が合うかすぐにわかるほど。講演、執筆、個人相談のほか、ベッドメーカーのコンサルティングやホテルの客室コーディネイトなど、企業の睡眠関連事業にも多く携わる。著書に『ねこに教わる快眠レッスン60』(PHP研究所)、『幸せを呼ぶ 快眠ヒーリング』(日本実業出版社)、『快眠セラピー』(KKロングセラーズ)など。快適な眠りと目覚めを誘導するナレーション入りCD『快眠メディテーション』(デラ)も好評。
スリーピース・カフェ
http://Sleepeace.com/

会員登録・アップグレードは携帯サイトから

会員サービスの比較につきましては
コチラをご覧ください。

Karada Manager Shopping

キビオ 除菌・消臭剤 寝具・寝室用
ラベンダーの香りでリラックス♪寝室のニオイを解決する除菌スプレー
ビームスリック 薬用ペリオコート
寝る前にシュッと一吹き!翌朝のお口のネバネバとサヨナラ

そのほかの紹介グッズはコチラ!

小顔美人は「睡眠時無呼吸症候群」になりやすい?

「睡眠時無呼吸症候群」は、太った人がかかりやすい病気として有名です。しかし、やせていても小顔の人に意外と多いのも特徴。小顔であごが小さいと、気道が狭くなりがちなので、そんな人は寝ている間にいびきをかいたり、無呼吸になっている可能性があります。あこがれのステイタスである小顔も、こんなところにリスクがあるんですね。

ページトップへ戻る