特集ダイエットの女王・伊達友美先生監修! 食べてヤセる「夏太り」対策をご紹介!!

ダイエットカウンセラー・伊達友美先生監修! 食べてヤセる「夏太り」対策 この季節、多くの人を悩ませている「夏太り」。本特集では、夏場の食事面から意外に知られていない夏太りのメカニズムや、生活スタイル別の対策方法をご紹介。ダイエットの女王、伊達友美先生に「食べてヤセる」夏太り解消法をレクチャーしていただきました。必見です!

  1. Vol.1 夏太りの正体
  2. Vol.2 外食派のための夏太り対策
  3. Vol.3 自炊派のための夏太り対策
  4. Vol.4 まだ間にあう夏太り解消法

Vol.1「夏は太りやすい季節!?」その原因と対策とは?

猛暑日が続く今夏、皆さんヘルシーな毎日を過ごしていますか? 夏はダイエットへの関心が高まる時期ですが、暑さから運動をお休みしたり、毎日の食生活も、カンタンな冷たい食事や飲み物が中心になる方は多いハズ。実はこの「夏」という季節、四季のなかで「一番太りやすい季節」なんです! 今回は気になる「夏太り」の基本と対策について徹底的に学びましょう。(文:里見有美/写真:石引 卓/イラスト:林 早苗)

1 「夏」は「冬」よりも消費カロリーが少ない季節!? 夏太りの正体

◎お腹周りの「脂肪」 冷たいものを摂り過ぎると、内臓を守ろうとして、体脂肪が付きやすくなる! ◎下半身の「むくみ」 水分の過剰摂取や、カリウム不足によって下半身のむくみが加速。むくみは代謝力を下げるのでセルライトの原因にも!「微小ではありますが、夏のほうが冬よりも基礎代謝として消費するカロリーが少ないんです」と話すのは、ダイエットカウンセラーの伊達友美先生。夏のほうが太りやすい、と言うそのからくりは「体温と外気との温度差」にあるとか!

「夏は汗をかくので冬よりも痩せそうな気がしますが、実はその逆です。人間は常に体温を36℃前後に保とうとする生き物ですから、外気と自分の体温との温度差があるほど、たくさんのカロリーを消費するのです。夏は外気が体温と同じような温度ですから、ほとんどカロリーを使いません。冬は外気との温度差があるので基礎代謝が上がるわけです。エアコンも「冷房」より「暖房」のほうが電力を使う、と言われますよね。

また、夏太りといえば、体質的にむくみやすい人もキケンです。夏は余計な水分を摂り過ぎがちなので水分を排出する力が弱い人は、夏にむくみやすい。特に女性は筋肉量が少ないので、水分を押し出すポンプ機能が低く、むくみやすいはず。むくみは冷えを招き、代謝をダウンさせ、セルライトの原因になることもあるんですよ」

さらに、夏場には欠かせない冷たい食べ物や飲み物が「脂肪」を増やすとか!
「脂肪はカラダを守るための断熱材ですから、冷たい部分に付きやすいんです。ビールっ腹になるのも、ビールで冷やされた内臓を守ろうとして脂肪がお腹に付くから。引き締めたいところは温めることが大切なんです」

2 夏バテで食欲が落ちるのには、ワケがある!?

そもそも夏の食生活は「夏太り」を招きやすい傾向にあるのだとか。
「夏は食欲自体が落ちるので、代謝に必要な栄養が不足し、代謝能力が下がり、消費カロリーが少なくなることも。さらに、カンタンに済ませられる食生活が増えるのも夏太りを招きます。特に小麦の麺類(そうめんや冷やし中華など)、アイスクリームやジュースなどの冷たくて甘い物が増え、「糖質」の多い食生活に偏りがち。冷たい食べ物は内臓を冷やし、必然的に代謝能力が落ちやすいのです」

とはいえ、無理に食べる必要はないのだとか。
「基本的に夏バテというのは『内臓が疲れているので、食べちゃいけないよ』というサイン。なのに「夏だし体力つけなきゃ」と、本能を無視して食べると太るんです。人間は、カラダのサインに従えば太らないのです。食欲が落ちたら食べなくていいんですよ! 夏は、冷房と暑い外気の寒暖差によってカラダが疲れやすい時期。内臓も、冷たい食べ物や飲み物によって冷やされてしまうのでヘトヘトなはず。そこで無理に食べる必要はないのです。体がダルいときは、本能に忠実に、『暑くて食欲が落ちたから食べない』のが正解です」

3 夏太りのキホン対策

●カラダは「外側は涼しく」、「内側は温かく」がキホン! ●朝は、フルーツとミネラルで「酵素」を摂る ●不足しがちな「タンパク質」を上手に摂取する! ●「カリウム」を含む食材をプラスして、むくみスッキリ

夏太りを防ぐ基本的な対策について伺いました。4つの項目を念頭に置いて、夏太り対策を心がけましょう。

●カラダは「外側は涼しく」、「内側は温かく」がキホン!

「まず、暑いからといって冷たい物ばかり摂らないこと。内臓は温かく保って代謝能力をキープし、暑い時は扇風機などで外側だけを涼しく保つようにしましょう。昼間の暑い時間帯だけは冷たい物を食べても、朝晩は控えるように心がけて」

●朝は、フルーツでミネラルと「酵素」を摂る

「フルーツは、消化するのにエネルギーをほとんど使わない食べ物。ミネラルもビタミンも多く、酵素をたっぷり含んでいるので消化しやすく、朝にはオススメです。あと、良く「朝はしっかり」と言われますが、朝は胃液の分泌が少ないうえ、食べ過ぎると眠くなりがちなので無理に食べる必要はありません。食欲のない朝は、フルーツジュース(できれば濃縮還元タイプではなく、絞ったタイプのもの)でも良いでしょう」

●夏に少なくなりがちな「タンパク質」を摂取する!

「肉や乳製品に含まれるタンパク質は、筋肉や皮膚を作るキホンとなる栄養素で、ダイエットには欠かせない存在なんです。糖質に偏りがちな夏場には不足しがちなので、できれば生野菜や果物など、酵素の多い食材と一緒にタンパク質を摂り、内臓の負担を軽減させてあげましょう。例えば、肉と生野菜を一緒に摂れる『冷しゃぶサラダ』や、大根おろしたっぷりの和風ハンバーグなどがオススメです」

●「カリウム」を含む食材で、むくみ知らずのカラダに

「むくみは塩分の摂り過ぎ、と思われがちですが、その原因は塩分に含まれるナトリウムにあります。ナトリウムを排泄する「カリウム」というミネラルをプラスするように心がければ大丈夫。カリウムは大豆、海草類のほか、メロンやスイカ、きゅうりや冬瓜などの瓜類に多く含まれているので、夏場は摂りやすいのではないでしょうか」

超カンタン! 「むくみ解消ストレッチ」

「むくみ」は、筋肉量が少ない女性に多い、と言われています。筋肉が少ないと、リンパの流れが悪くなり、余分な水分や老廃物が溜まり、むくみにつながってしまうのです。特に下半身や末端部分は滞りがちなので、むくみを解消するなら、末端を動かすことが大事! 仕事の合間やバスタブのなかで「足指のグーチョキパー運動」をすると、血流も良くなります。特にふくらはぎは「ポンプアップ機能」の大きな役割を担っているので、毎日違う高さのヒールを履いたり、階段を登る時に、つま先登りをしたり、足裏全部を乗せて登るなどの「変化」をつけましょう。毎日同じ部分の筋肉を使うと疲労物質が溜まり、さらに太くなる可能性があるので、毎日違う筋肉を使うのがコツですよ!

今回は、夏太りの原因と対策について学びました。夏はそもそも太りやすいキケンが潜んでいる季節、ということがわかりましたね。冷たい食べ物を控え、麺類に偏りがちな食生活を改めること。また、脂肪を燃焼させるために、タンパク質とその消化を助ける生野菜や果物を摂るように心がけましょう。また、むくみはカリウムをプラスしてスッキリさせましょう!
次回は、「外食派のための夏太り対策」についてレクチャーします。お楽しみに♪

  • Vol.1 夏太りの正体
  • Vol.2 外食派のための夏太り対策
  • Vol.3 自炊派のための夏太り対策
  • Vol.4 まだ間にあう夏太り解消法

監修

ダイエットカウンセラー
伊達友美先生

1967年、静岡県生まれ。管理栄養士・日本抗加齢医学会認定指導士。日本ダイエット健康協会理事。銀座アンチエイジングラボラトリー/アオハルクリニック、イデリアスキンクリニック代官山カウンセラー、ヴィーナスアカデミー講師、日本工学院スポーツカレッジ特別講師。日本栄養士会、東京都栄養士会、日本産業衛生学会、日本ニュートリショニスト協会、日本メンズヘルス医学会会員。
専門はダイエット、心と身体と性にまつわる栄養学=ホリスティック・ニュートリション。これまでに4,000 人以上の減量栄養指導から、単なる減量ではなく「ボディラインと肌を美しく変身させる」ことを目的とした指導を行なう(自らも20kg のダイエットとニキビ肌改善の体験を持つ)。
著書多数、テレビやラジオ出演、講演も精力的に行なっている。

公式ホームページ:http://omakase-diet.com

40歳から食べても太らない方法
『40歳から食べても太らない方法』
発行元:WAVE出版
伊達式1日5食ダイエット
『伊達式1日5食ダイエット』
発行元:宝島社
「一生太らない体」をつくる食事術
『「一生太らない体」をつくる食事術』
発行元:筑摩書房
焼肉食べてもヤセちゃった!?
『焼肉食べてもヤセちゃった!?』
発行元:リイド社
やせたければ体を温める!
『やせたければ体を温める!』
発行元:アスコム

会員登録・アップグレードは携帯サイトから

会員サービスの比較につきましては
コチラをご覧ください。

Karada Manager Shopping

大麦若葉おいしい青汁 (シェーカー付)
大麦若葉100%純粉末使用! 抹茶のようなおいしい青汁。
おからこんにゃく(ベジタリアンミート) 340g*12個
食物繊維はレタスの4倍、カロリーは鶏胸肉の1/8のおからこんにゃく。

その他のグッズはコチラ!

夏場に腹巻きってアリ!?

記事中でも紹介していますが、脂肪は断熱材として機能するため、冷えやすいお腹周りに付きやすくなります。伊達先生曰く「腹巻きはサイズダウンしたくないバストやヒップはそのままに、お腹と腰周りを温めて脂肪を付きにくくする有効なアイテム」なのだとか。この夏は、腹巻きをしてビアガーデンに繰り出すのが良いかもしれません。

ページトップへ戻る