特集カラダマネージャーが贈る新年最初の特集は、アーユルヴェーダメソッドで実践する「体質改善」!

肩こり、冷え症、生理痛…慢性的な体質のお悩み。新年最初のテーマは「体質改善」。監修に日本アーユルヴェーダ協会理事・西川眞知子先生を迎え、5000年の歴史を持つ伝統医療「アーユルヴェーダ」のアプローチで、体質を改善する方法をご紹介します。気持ちも新たな新年に、カラダのお悩みも一緒に改善しちゃいましょう。

  1. Vol.01 インドの伝統医学『アーユルヴェーダ』とは?
  2. Vol.02 偏頭痛、にきび、ドライアイの改善
  3. Vol.03 肩こり、腰痛、生理痛の改善
  4. Vol.04 便秘、痔、冷え症の改善

Vol.1 インドの伝統医学『アーユルヴェーダ』とは? पारंपरिक चिकित्सा

新年、明けましておめでとうございます。本特集では、今年こそ実現する体質改善をテーマに、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」のメソッドを用いて、特に女性に多い体質のお悩みを改善する方法をお届けしていきます。今回は準備編として、「アーユルヴェーダ」に関しての基礎知識をご紹介します。(文:里見有美/撮影:石引 卓/モデル:窪田多恵子)

今年こそ改善したいカラダの悩み शारीरिक समस्या

アナタの身体で1番の悩みは? 肩こり	31%、冷え症 22%、便秘 19%、生理痛 16%、腰痛 12% (「Karada Manager for Women」ワンクリックアンケート調べ)「Karada Manager for Women」では、カラダのお悩みに関するワンクリックアンケートを実施しました。結果は右のとおりで、興味深いのが肩こりと冷え症を合わせると、半数以上の回答者が挙げている点。季節的な要因もあり、この時期には特に冷え症に関するお悩みが増えていると予想されます。次回からご紹介する実践編では、アンケートのお悩みも含めた全9項目の改善方法を紹介します。

5000年以上の歴史がある “生き方の知恵”を凝縮した『アーユルヴェーダ』とは? आयुर्वेद

西川先生本特集で取り上げる「アーユルヴェーダ」とは、そもそもどういうものなのか、西川先生にお聞きしました。
「アーユス(生命)とヴェーダ(ヴェーダ)を語源とする「アーユルヴェーダ」は、現存する伝統医学のなかでもっとも古い医学です。約5000年前のインドで生まれたとされ、インドでは現在も全人口の約8割が受けています。急性の場合は西洋医学、痛みの緩和や不調の改善にはアーユルヴェーダというように、使い分けされているのです。

アーユルヴェーダのアプローチは多岐にわたり、マッサージやヨーガ、セルフケアの方法、食事の仕方など、古来より受け継がれてきた、心地良く生きるためのヒント、つまり“生きるための智恵”がつまっている医学、それがアーユルヴェーダなのです」

基本となるのは5つのエネルギー 「地・水・火・風・空」のバランスがカギ! 5तत्व

「アーユルヴェーダでは、自然界のすべてのものを「五元素」と呼ばれる5つのエネルギー、地(ち)、火(ひ)、水(みず)、風(かぜ)、空(くう)に分類しています。このエネルギーは、本来自分が持っているものもありますが、外部の影響によってもその量は増減します。

海に囲まれた日本では「水」と「地」のエネルギーを持った人が多く、本来は落ち着いた性質の人が多い、と言われています。ところが、多くの情報が飛び交う毎日や不規則な生活によって、現代人は「風」のエネルギーの影響を強く受けています

アーユルヴェーダは引き算の医学とも言われるため、各エネルギーが過剰になるとこのようなアンバランスや不快の症状が起こると考えられます。「風」が増える原因は、動き過ぎ、不規則な生活、身体を冷やす、カロリー不足、シャワーなどで済ますお風呂の習慣、緊張、流行や評判などを気にし過ぎる…など。

各エネルギーの過剰から起こった不快な症状は、以下のようにそのエネルギーの持つ性質と反対のことを取り入れる鎮静療法が大切です。

  • 風の過剰には、リラックス、安定、温める
  • 火の過剰には、鎮静、落ち着く、クーリング
  • 水の過剰には、流す(受け流す、リンパも流す)、温める、乾かす
  • 地の過剰には、動く、刺激、活性

5つのエネルギーの特徴 「地・水・火・風・空」

ヨーガを始めるための3つの基本 योग

カラダとココロの声に耳を傾ける「ヨーガ」は、アーユルヴェーダが推奨するアプローチのひとつ。ヨーガと聞くと、柔軟さや難解なポーズを想像しがちですが、一番大切なのは形よりも「気持ちいい」と感じること。無理をせず、カラダとココロをゆったりと緩めましょう。

  • 各ポーズにはそれぞれ意味があります。単に美しく上手にポーズをとることを目標にせず、カラダの固い人もポーズが苦手な人も、今の自分のカラダがどんな状態かを知ることを目的としましょう。ポーズには、各エネルギーのバランスを調整する役割があります。
  • アーユルヴェーダでは、呼吸をコントロールすることはエネルギーバランスのコントロールにつながると考えます。やり方は、息を鼻から吸い、鼻から吐くだけですが、特に「吐く息」に意識を集中させましょう。不要なものを鼻から外に出すイメージです。
  • リラックスした格好で静かな場所に座り、目を閉じます。3回ほど深呼吸しながら、波のない水面を想像します。そこに今必要な言葉(ありがとう、美しさ、元気など)を小石に見立ててポトンと落とし、その波紋を感じ取ってみましょう。目を開けた時に、頭がスッキリするはずです。

20〜40歳はストレス過多に注意! 「火」のエネルギーが強い時期です

西川先生アーユルヴェーダにおいては、本来自分が持っているエネルギーの傾向はある程度決まっている、と言われています。ところが、実は年齢によって各エネルギーに強弱があるのも事実。特にストレスを受けることで強くなりがちな「火」のエネルギーは、働き盛りである20~40歳代に強くなる傾向にあるとされます。

「火」のエネルギーが強くなり過ぎると、嫉妬心が生まれたり、「頭に血が昇る”と言われるように常に怒りやすくなったりします。そもそも「火」のエネルギーは、情熱や意思の強さという性質を持っているものですから、上手に活かせば非常に良い影響をもたらします。無駄なストレスはほどよく発散させ、上手に「火」のエネルギーバランスを保ちたいものですね。

今回は準備編として、アーユルヴェーダに関する基本的な情報をご紹介しました。次回からは、いよいよ各お悩みを改善するためのアプローチをお届けします。お楽しみに!

  • Vol.01 インドの伝統医学『アーユルヴェーダ』とは?
  • Vol.02 偏頭痛、にきび、ドライアイの改善
  • Vol.03 肩こり、腰痛、生理痛の改善
  • Vol.04 便秘、痔、冷え症の改善

監修

西川眞知子先生

日本ナチュラルヒーリングセンター代表、株式会社ゼロサイト代表取締役、アーユルヴェーダ医療融合協会理事、日本アーユルヴェーダ協会理事、日本アーユルヴェーダ学会評議員、国際アーユルヴェーダ振興協会会長。アーユルヴェーダやヨーガを始めとした世界の自然療法及び代替療法を、日本人に取り入れやすい新たな切り口で、セミナーや講演会、企業コンサルティングを行なっている。

『日本ナチュラルヒーリングセンター』
http://www.jnhc.co.jp/

会員登録・アップグレードは携帯サイトから

会員サービスの比較につきましては
コチラをご覧ください。

Karada Manager Shopping

リラックス癒しアイテム特集

ミクニ エコロジー加湿器 ミスティガーデン U600-01ミクニ エコロジー加湿器 ミスティガーデン U600-01
電気代ゼロ! 水を注ぐだけで空間を加湿してくれる、おしゃれでエコな自然気化式の加湿器

そのほかの紹介グッズはコチラ!

※紹介商品は、予告なく終売となる可能性がありますのでご注意ください。

アーユルヴェーダの一般イメージ

「アーユルヴェーダ」というと、額に油を垂らす美容法、というイメージを持たれている方は多いかもしれません。これは正しくは「シロダーラ」という、アーユルヴェーダのアプローチのひとつ。その昔、エステティックサロンが美容メニューに加え、「アーユルヴェーダ」として一般に拡がり、そのまま定着したとされています。

すぐ使いたいヒンディー語
  • こんにちは नमस्ते
  • カレーください करी कृपया
  • 象に乗れますか? मैं एक हाथी की सवारी?

ページトップへ戻る