特集コンテンツ
この冬は食べてヤセる!伊達友美先生のダイエットサポート

No.3


正月料理でダイエット促進!



さて。お正月といえば、おせちやお雑煮などの正月料理にお酒も欠かせない存在。この正月料理やお酒、お餅が太る原因では?と感じる方も多いかもしれません。

ところが、これも間違い!「おせち料理の中に、太る食材はほとんどない」とは伊達先生。

「おせちには、ほぼ原型に近い食材がたっぷり入っていますよね。煮豆や小魚、昆布などもそうです。かまぼこなどの練り物だってもとはお魚。お雑煮はお野菜たっぷりですし、体を温めるから優秀なんです。おせちはミネラルや繊維がたくさん入った美容にも効くダイエット食なんです!」とのこと。

さらに「おせちには普段食べない珍しい食材がたっぷり入っているから、カラダにとても良いんです。普段足りていない栄養素が補えるということだから。健康にも最適」

ちなみに、お雑煮に入っている「お餅」はダイエットの大敵では?という質問には、
「いえいえ、お餅はお米ですから体を冷やしませんし、NGではありません。もちろん食べ過ぎは危険ですが(笑)。海苔を巻いて食べると海藻のミネラルも補給できてさらにGOODですね!」

お餅のオススメの食べ方は、お餅に海苔を巻いて、醤油とエゴマ油をつける食べ方。とても香ばしくて本当に美味だとか!ぜひお試しあれ!

つまり、正月料理の代表・おせちも、お雑煮も太る原因ではないということ!(食べ過ぎは禁物ですが!)
昔から伝わるお正月料理を、ダイエット食として見直してみるのもいいかもしれませんね☆


痩せボディを作る食べ方


おせちやお雑煮など、お正月の食べ物は健康にもイイことがわかりました。
では、さらにダイエットを意識しながら年末年始の食事をするにはどうすればよいのでしょう。

「もちろん一生懸命運動するのもいいのですが、運動するのなら代謝を高める食材を食べるべきですね。食べ物によって運動効率がまったく上がらないこともありますから」と伊達先生。

「タンパク質を全く摂らずに筋トレをしても効果が出ないように、肌や髪の毛、ツメや血管にいたるまで、カラダを作るのに必要なのは「タンパク質」。ダイエット期間中も、良質なタンパク質は必ず摂取しましょうね。肉やお魚、卵などフレッシュなものを食べましょう。それによって代謝も上がりますよ。ダイエットのために、食事を極端に減らすような食生活は控えるべきです」

カラダマネージャーには、食事を記録するだけで、今日食べた栄養素をグラフで見られる機能つき!
ぜひ毎日の食生活を、栄養素からチェックしてみて!

企画構成・文 里見有美

ツイートする
ツイートする
ツイートする


<< 前ページ | 次ページ >>

特集トップ