特集コンテンツ
検診に行こう! 知っておきたいブライダルチェック

vol.01:眠れない原因と対策(前編)

vol.02:眠れない原因と対策(後編)

vol.03:快眠テクニック

vol.04:寝活(ねるかつ)のススメ

| 監修紹介 | 特集トップ |


コラム


しっかり眠れていないと感じたら
お医者さんへ!

十分な睡眠時間をとっているにもかかわらず、日中に眠くなってしまう人は、ひょっとしたら睡眠障害かもしれません。まず、最近良く耳にするのは「睡眠時無呼吸症候群」。これは睡眠中に度々呼吸が止まってしまう病気で、急に大きないびきをかいたり、寝ている間に息苦しくなってしまいます。

このほかにも多種多様な睡眠障害が存在します。睡眠中に手足がかゆくなり、動かしていないと落ち着かなくなる「むずむず脚症候群」や、寝ている最中に無意識に手や脚を動かしてしまい、深い眠りを妨げる「周期性四肢運動障害」。なんらかの影響で受けた精神的なことが気になって眠れない「精神生理性不眠症」、睡眠時間帯が大幅に後ろにずれてしまう「睡眠相後退症候群」、昼間なのに突然意識がなくなり、眠ってしまう「ナルコレプシー」。以上が代表的なものですが、この他にも研究によって多くの睡眠障害が明らかになってきています。

睡眠障害の多くは、本人は気づきにくいもので、周囲から注意されて初めて自覚するものが多いのが特徴です。ほかの人から指摘されたり、日常生活に支障が出るようになったら要注意。病院に行って診察を受けましょう。