特集コンテンツ
すべての眠れない人に贈る!快眠ライフ術

Vol.01:眠れない原因と対策(前編)

Vol.02:眠れない原因と対策(後編)

Vol.03:快眠テクニック

Vol.04:寝活(ねるかつ)のススメ

| 監修紹介 | 特集トップ |
Vol.1 眠れない原因と対策(前編)
不眠を引き起こす6つのポイント
Point3 「日中の活動」

こんな人は要注意!
A.運動不足気味
B.人と話すことが少ない
C.家から一歩も出ない日がある
D.昼食後に眠くなる
睡眠は体温の変動と密接に関わっています。人間が眠くなる時は、たいてい体温が下がってきた時です。寝付きが悪い人は、1日の体温の変動を測ってみると良いかもしれません。

一般的に朝型の生活を送っている人間は、16〜20時頃に体温が高くなります。それから徐々に下がり始め、24時から深夜にかけて、もっとも体温が低い状態になります。16〜20時の体温と、就寝する時の体温差が大きければ大きいほど、グッスリ眠れるようです。

なので、寝付きが悪い人は就寝5時間前を目安に運動をして、体温を上げましょう。すると就寝時との体温差が大きくなり、眠りやすくなります。

運動は有酸素運動がオススメですが、どうしても時間が取れない人は、帰宅時にひと駅分歩く方法もあります。忙しい方はなるべく実践しましょう。

また、昼食後にどうしても眠くなる人は、机にタオルを敷いてうつ伏せになりましょう。昼休みに5〜15分程度目を閉じているだけで効果があります。

注意しなければならないのは、この時に横になって熟睡しないこと。熟睡すると血圧が下がってしまい、午後の活動に支障が出てしまいます。昼寝は15分前後を目安に心がけましょう。



次回は「眠れない原因と対策(後編)」としまして「食事」、「就寝前の過ごし方」、「睡眠環境」についての対策方法をご紹介します。お楽しみに!


出典:『快眠セラピー』(KKロングセラーズ刊)

Vol.01:眠れない原因と対策(前編)

Vol.02:眠れない原因と対策(後編)

Vol.03:快眠テクニック

Vol.04:寝活(ねるかつ)のススメ

| 監修紹介 | 特集トップ |