特集コンテンツ
輝く歯で笑顔もキラリ!初めてトクするオーラルケア

No.4


美しい歯を作るプロの技


手っ取り早く歯をキレイにしたい!

そんな人におススメなのが「ホワイトニング」。

エステやマッサージに行く感覚で白く輝く歯を手に入れて、口元の表情をワンランクアップさせましょう!



歯のホワイトニングってどうするの?


ホワイトニングは、歯に染み込んだ着色成分を薬剤を使って分解し、漂白する方法。

これには、以下の2種類の方法があります。

■歯科医院で行なう「オフィスホワイトニング」

変色している歯の1本1本に薬剤を塗布。その後、光照射すると、より効果が高まる。ホームホワイトニングに比べて、短時間の治療で効果が出やすいのが特徴。

■自宅で行なう「ホームホワイトニング」

薬剤をマウスピースに入れて、歯に装着。最初に歯科医院で自分の歯に合ったマウスピースを作ってもらい、毎日自宅で規定時間装着して過ごす。クリニックに通うオフィスホワイトニングに比べて、自分のペースで進められるのが特徴。


ホワイトニングとクリーニングの違いは?


ホワイトニングとは別に、歯をキレイにするものに「クリーニング」があります。

クリーニングは、歯周病を招く歯垢や歯石、黄ばみの原因になる茶渋やタバコのヤニなどの汚れを取り除くもの。

簡単に言ってしまうと、歯の大掃除です。

対してホワイトニングは、歯の漂白。

もともと黄色い歯や、年齢とともに黄ばんだ歯を、白く美しい状態にするのが、ホワイトニングです。

こんな方法もアリ!

【セラミック治療】

虫歯治療などの銀の詰め物を白いセラミックに入れ替える「セラミックインレー」、歯の表面を削って薄いセラミックをつけ爪のように貼り付ける「ラミネートベニア」。

すみずみまで自然、パーフェクトな白さを求めるなら、検討してみてもいいですね。


もう1歩前進!
アンチエイジング発想で
歯の美しさと健康を考える


「始めてトクするオーラルケア」特集も、今回が最終回。

総まとめの提案として、ぜひおススメしたいのが「歯のアンチエイジング」という発想です。

最近では「アンチエイジング歯科」を掲げる歯医者さんも増え、とっても注目されているんですよ。

【アンチエイジング歯科とは?】

定期的な診査と治療で歯周病や虫歯を予防したり、加齢による黄ばみをホワイトニングで解決したり……。お口の健康や美しさをトータルで考え、お口のなかの老化をできるだけゆっくり進めるというもの。

本特集で取材協力いただいた西山先生曰く「一生のお付き合いで、お口の健康を見つめ続けるのがアンチエイジング歯科」。

西山デンタルオフィスの患者さんの多くは、特に痛みや不調がなくても4ヵ月ごとに検診や歯垢・歯石除去などのメンテナンスに訪れることで、良好な状態を保っているそうです。


【コラム】歯そのものをキレイにする3医院へ


肌や髪が衰えたり、体力がなくなってきたり……。

年とともにカラダが変わっていくように、歯も年齢を重ねていきます。

歯周病を予防したい! 歯並びを美しくしたい! 歯を白くしたい! きっかけは、なんでもOK。

信頼できる歯医者さんと出会って、定期的にチェックしてもらう習慣を身に付けたいものですね。