特集コンテンツ
輝く歯で笑顔もキラリ!初めてトクするオーラルケア

No.1


成人の8割は歯周病ってホント?


歯を失う原因としてもっとも多いとされるのが、「歯周病」。

すでに20〜30代でかかっている人も多く、実に成人の85パーセントが歯周病というデータも。

その実態は、どのようなものなのでしょうか?

多くの歯周病患者の治療にあたっている、西山デンタルオフィス院長の西山先生に聞いてみました。


ほぼ100パーセントが歯周病!?
その原因はバイ菌


うちのクリニックの患者さんで、歯周病ではない方はほとんどいません。

成人の85パーセント以上と言われていますが、実際にはもっと多いように思います。

歯周病の原因はバイ菌(歯周病菌)で、ほとんどの方が幼い頃にお母さんからもらっています。

この菌があるかぎり、誰にでもリスクがあるのです。

歯をこすると、「歯垢」と呼ばれる白いカスのようなものが取れますね。

実はあれがバイ菌のカタマリ。

この歯垢は歯ブラシの毛先で簡単に取れますが、やがて固まって歯石(プラーク)という段階になります。

こうなると歯磨きで取り除くことはできなくなり、歯医者さんでクリーニングしてもらう必要が出てきます。


症状が表に出てきた時には
かなり進行している!


歯周病菌は、毒素を出して歯を支えている骨を溶かし、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

それまでに歯茎が腫れたり、歯磨き時に出血したり、口臭などの症状が出ますが、こうした自覚症状が起きた時はすでにかなり進行した状態。

初期症状はほとんどないので、定期的に歯医者さんでチェックして治療しないと、なかなか進行を止められないというのが実情です。


後悔しないように
早めの対策を!


歯は、食べ物をおいしく味わうためにも、よく噛んで消化を助けるためにも重要な組織です。

人間の歯は全部で28本あるのですが、日本では80歳で20本以上残っている人は10パーセント弱しかいません。

一方、アメリカでは50パーセント以上。この差を生むのは、若い頃からのケア意識の違いです。

歯周病は20代でかなり進行している人もいますが、30代頃からが要注意。

年をとってから後悔しないよう、早めの予防策や改善策を考えてほしいですね。

歯周病とは?原因と症状のまとめ

毎日念入りに歯磨きしてるけど私も歯周病!?

自宅でできる歯周病の症状チェック

2個もある…心配だから明日診てもらおうかな。


ひとつでも当てはまった人は歯科医院で診察してもらいましょう。
特に歯がグラグラする人は要注意! 次回は身近な脅威、歯周病を防ぐために、正しい歯の磨き方を紹介します。