フィットネスクラブ・東急スポーツオアシス監修ダイエット特集!お悩み部位別! 夏までにヤセるエクササイズ

監修紹介 | 特集トップ

VOL.2 「お尻」ヤセ:キュッと引き締まったヒップを作る!

フィットネスクラブ・東急スポーツオアシスのトレーナー陣考案の、夏ヤセプログラムをご紹介する特集。

今回は小西トレーナーによる「お尻ヤセ」プログラムをお贈りします。(文:里見有美/撮影:石引 卓)

パーソナルトレーナー・小西宏和トレーナー考案「お尻引き締め」エクササイズ
「子供の頃や若い時期は、さほど気にならなかったボディラインも、歳を重ねるにつれて、徐々にたるみやカタチの崩れが気になるものですよね。

特にヒップは、大きさやカタチ、ハリ感のなさ、たるみなど、お悩みは多々あると思います。

日常生活では、なかなか身体の後ろ側の『お尻』を使う動作が少なく、特にヒールを履くことで前屈みに歩く傾向の女性や、日本人に多いとされる猫背の方は、ヒップもたるみがち

前に傾く動きが多いと身体全体が前体重になり、結果、お尻が使えないんですね。

また、座り動作の多い方も、お尻に負担がかかっています。

それなのに、ほぐしたり鍛えたりする方はあまりいないようです。

今回のエクササイズは毎日できなくても、日常の生活で『後ろ側=お尻を意識する』クセづけの第一歩として捉えてみてくださいね。

続けることで、きっと身体は変わっていきますよ!」


お尻ヤセエクササイズ その1「ダブルレッグヒップリフト」で、たるんだお尻をヒップアップ!




ダブルレッグヒップリフト…3,5METs(30kcal)※

@仰向けになり、お腹を凹ませて床と背中のすき間を埋め、両手をサイドに置きます。



A股関節を意識しながらゆっくりお尻を上げ、しばらくキープしたらゆっくり下ろします。


@仰向けになり、お腹を凹ませて床と背中のすき間を埋め、両手をサイドに置きます。



A股関節を意識しながらゆっくりお尻を上げ、しばらくキープしたらゆっくり下ろします。


@仰向けになり、お腹を凹ませて床と背中のすき間を埋め、両手をサイドに置きます。



A股関節を意識しながらゆっくりお尻を上げ、しばらくキープしたらゆっくり下ろします。

「左右どちらかではなく、ヒップ全体の筋肉を使うエクササイズです。

お尻だけでなく、周辺の筋肉も使うことで、より高いヒップアップ効果や、血流促進を期待できます。

お尻のたるみや、お尻全体のフォルムが気になる方は、少しずつでも良いので、毎日続けてみましょう。

この動きは一見シンプルですが、慣れない方や運動を始めて間もない方は、キープするのが少しツライかもしれません。

ポイントは股関節を意識しながらお尻をキュッと引き締めることです!」。

※体重50sの方が10分間運動を実施した場合のMETs、想定消費カロリーです。

参考値として参照ください。


次のページは…
お尻ヤセエクササイズ その2>>>

お尻ヤセエクササイズ その2
<< 前ページ | 次ページ >>

お悩み部位別! 夏までにヤセるエクササイズ特集一覧