たるんだ体は卒業!体幹プログラムでシルエット美人

監修紹介 | 特集トップ

Vol.2 代謝をあげる!太りにくい身体作り編






いよいよ実践編です。筋肉をつけて代謝をアップすれば、太りにくい身体を手に入れることができます。最初は、回数をこなすよりも少しづつでいいので、ゆっくりとじっくり筋肉にアプローチするようにチャレンジしてみてくださいね。(文:土屋美緒/撮影:野村雄治/イラスト:雨本洋輔/出典: 『女子の体幹プログラム』発行元:日本文芸社)






ねじり前屈







【効果】美しい背中のラインをつくり、基礎代謝を向上させます。






【回数】左右交互に連続10回






【概要】背中から腰、太もも裏までをバランスよく刺激できるトレーニングです。背面の筋肉を鍛えることで代謝アップにも繋がります。













【1】脚を肩幅より広めに開いて立ち、両手を肩の高さでまっすぐ伸ばします。背筋も真っすぐ伸ばします。






【2】息を吐きながら腕を180度開いたまま体をひねり、左手で右つま先を触ります。手がつま先に届かない時はすねに触るだけでも大丈夫ですが、ひざは曲げないように意識してください。






【3】 息を吸いながら、ゆっくりと体を起こします。体をひねる時も起こす時も、勢いや反動は使わずゆっくり行うことが大切。一回の動作ごとにしっかり元の位置に戻しましょう。






背伸び片脚スクワット







【効果】背中、お尻など身体の背面の筋肉を鍛えます。長時間同じ姿勢をとっていた時のリフレッシュにも効果的です。






【回数】左右それぞれ5〜10回






【概要】全身の重みを使って行うスクワットです。太ももはもちろん、背中や腰にも心地よい刺激を与えられます。













【1】両脚を前後に、肩幅よりも広めに開いて立ち、お尻、肩、首のラインが一直線になるようにします。






【2】両手の平を天井に向けて高く上げ、背伸びをするようにしっかりと背筋を伸ばします。






【3】背筋を伸ばしたまま、後ろ脚のひざを沈めます。できるだけ床ギリギリまで沈めたら、ゆっくり元の位置に戻ります。上体が前に傾かないように気をつけてください。





















次のページは…
対角手脚伸ばし>>>


対角手脚伸ばし









<< 前ページ | 次ページ >>

『体幹プログラムでシルエット美人』インデックスへ