特集コンテンツ
月サイクルでメリハリ生活 Vary the pace of Life with the Moon cycle

No.2


月的ライフサイクル(前編)



月の満ち欠けに合わせた生活術
(新月〜満ちていく月)


古代の人々は、かつて月の運行を観察して時間を計り、暦を作り、農業や漁などに役立てていました。

また、月の満ち欠けに合わせて祈祷や祭りなどの行事をして、生活にメリハリを持たせていました。

そんな風に昔から、人は月と密接な関わりを持っていたのです。

しかし、合理的で便利な社会で生活している私たち現代人は、自然のリズムで生きる楽しさを忘れかけてしまっています。

さあ、忙しい日常生活に月のサイクルを取り入れて、自然体で心地良い毎日を過ごしてみませんか?


月の満ち欠けサイクル

月の満ち欠けは、太陽・地球・月の位置関係によって起こります。

そもそも月は、太陽光を反射していつも半分だけ輝いていますが、3つの天体の関係が変わることで、地球から見たときの月の姿が日々変化して見えるのです。

月が太陽と地球の間に来るとき、地球からは月が太陽光を反射している面が見えません。

これが新月です。新月を過ぎると、月は少しずつ満ちていきます。

地球を真ん中にして、太陽と月が180度に並ぶと満月です。満月を過ぎると月は少しずつ欠けていきます。

「新月〜満ちていく月〜満月〜欠けていく月」の移り変わりは、約29.5日で一巡する周期です。

このような月の満ち欠けに合わせて祭事をしたり、食事や体のケアを行なう民間伝承が、日本をはじめ世界各地に語り継がれています。

月が人体に与える影響や、月の満ち欠けに合わせた生活術の効果は、科学的に実証されてはいませんが、昔の人々が月と育んできた智恵や経験は、多忙でストレスを抱えがちな現代人の生活に、健やかさや幸福感をもたらしてくれるはず。

現代流にアレンジすれば、ライフスタイルに無理なく取り入れられそうです。

月の満ち欠けサイクルの初日にあたる新月は、物事の始まりを象徴しています。

習い事を始めたり、目標を掲げたり、転職活動をしたり、ファッションでイメージチェンジをしたり。

思い切ってやりたいことにトライしてみましょう。

飲酒や喫煙など、やめたいと思っている習慣を断つ決意をするのも吉。

迷ったときには、ゆったりと過ごして神経を研ぎ澄ませて。

直感が冴えるときなので、今やるべきことが見えてくるかもしれません。

また、カラダに貯め込んだものを半身浴でデトックスするのもオススメ。

心身をスッキリと浄化して、新たなスタートを切りましょう!


・38度くらいのお湯で半身浴を。たっぷりと汗をかけばスッキリ爽快!

・心のデトックスには、瞑想が◎。リラックスしながらなにも考えない時間を作って。

・デトックス食材を食生活に取り入れて、老廃物や毒素をスムーズに排出。

日々輝きを増していく月のように、ヤル気が増して活動的になっていきます。

カラダを動かすのに適しているので、ランニングやエクササイズに励めば理想のボディに近づけそうです。

また、カラダは口にするものから作られますから、旬の食材やオーガニックフードを意識して摂ることで内側からキレイに。

また、ファッションやヘアスタイル、小物などに気を使えば、いつも以上に個性や魅力がアップ!

行きたい場所やパーティー、イベント、セミナーなど、積極的に出かけてみましょう。

欲しかった情報やいい出会いが、タイミング良くつかめるかもしれません。


・髪は女の命。ヘアを決めて、女子力アップを目指して!

・筋力トレーニングでコアマッスルをバランス良く鍛えて、全身を美しく。

・素材のおいしさが味わえるオーガニックフードで心身に元気を与えて。

半月(上弦の月)を過ぎて日に日に丸みを帯びていく月のごとく、前向きな気持ちが膨らみ、集中力も高まっていきます。

仕事がはかどる時期です。

同僚や仕事相手とのコミュケーションを密に取り、スケジュール管理をしっかりすることで、想像以上の結果が出せるかもしれません。

そして、仕事がノッているときほどスキンケアを大切に。

美容液やシートマスク、クリームなどで、水分や栄養をたっぷりと与えてあげて。

うるおいに満ちた肌は、心まで満たしてくれます。

そうやって仕事もお肌もうるおえば、月のように輝く存在になれるでしょう。


・お気に入りのステーショナリーや効率化グッズでワーキングタイムの充実を。

・乾燥は大敵! 保湿グッズやコスメでお肌も心もうるおわせて。

・美肌を育てるのに欠かせないサプリメントは、納得のいく品質のものを選んで。

【※月の画像は、実際の写真ではなくイメージです】


「新月〜満ちていく月」は、気持ちを前向きにして、積極的に行動していくことがポイント。そうすることで、生活にハリが生まれ、カラダも心もイキイキと、月のように輝きを増していけます。

さて次回は、月的ライフスタイル(後編)。「満月〜欠けていく月」の生活術をご紹介します。