和洋女子大学家政学群客員教授 王堂 哲先生監修食べるのを我慢しないで痩せる!低GIゆる ダイエット

監修紹介 | 特集トップ

近年、健康ブームの中、食べ物をきちんと食べて、健康的に痩せようという傾向が広がりつつあります。その方法のひとつとして「低GIダイエット」は、ご存知でしょうか。






低GIダイエットは、食べ物の影響度合いを知って、食べることを我慢せずに健康的な身体へと導くダイエット方法です。今回は、その専門家である王堂 哲先生にお話をうかがってきました。(文: 土屋美緒 /撮影:石引卓)






Vol.1 そもそもGIとは何ですか?













まずは血糖値を知ろう!






人が身体の機能を維持するためには、エネルギー源となる「糖質」必要不可欠です。






ごはんやパンなどに含まれている「デンプン類(炭水化物)」は、食べ物を口にした後、消化器官を通過する間に分解されてブドウ糖に変化し、血液中に送り込まれます。






この血液中にあるブドウ糖の濃度を「血糖値」と呼びます。






血糖値が上昇するということは、ブドウ糖が血液中に送り込まれたことを意味します。






ブドウ糖は、血管から身体内に吸収され、筋肉や脳など、あらゆる臓器の細胞へと運ばれていきます。













GI値とは何を示す?






GIはグリセミック・インデックスの略語です。
「グリセミック」糖質「インデックス」指標という意味ですが、血糖値の上がり方がどれくらい速いかを示す数値です。






ごはんやパンなどの炭水化物は分解され、ブドウ糖となって血液中に吸収されますが、実はその吸収のスピードは食べ物の種類や形態によって異なります。






同じカロリーであっても、GI値の高い食べ物は急激に血糖値を上昇させますが、GI値の低い食べ物はゆっくり吸収され緩やかに血糖値を上昇させるのです。






















自分のおっぱいをじっ〜くり見て触ってチェック!









<< 前ページ | 次ページ >>