間々田佳子先生監修 ハッピーアンチエンジング♪顔ヨガ

監修紹介 | 特集トップ

Vol.1 顔ヨガで美人度アップ!継続していけば別人に






人はよく言葉だけでなく表情を読み取って会話をしているといいます。表情ってとても大事なんですね。その表情筋にアプローチをかける顔ヨガ。それは一体どんな内容でどんな効果があるのでしょうか。顔ヨガで話題の間々田先生にお話をうかがいました。(文:土屋美緒/撮影:野村雄治)






顔ヨガとは?













最近話題の「顔ヨガ」。その言葉を見聞きしたことのある方はいらっしゃると思いますが、実際にどういうものか知っていますか?






「顔ヨガとは、簡単に言うと“顔の筋トレ”です。






人間の顔には、約60種類の表情筋という筋肉が集まっています。それらの筋肉を伸ばしたり縮めたりリラックスさせたりすることによって、血行が促進されリンパの流れが良くなり、新陳代謝がアップします。






それにより、ハリと弾力のある柔軟な表情筋を手に入れることができ、ヨガの呼吸法やゆっくりとした動きを取り入れることで、より効果的にアプローチしていく顔の筋肉トレーニングです。






表情筋は何歳からでも鍛えることができます。しかも表情筋は一つ一つが小さいので、少しのトレーニングでも効果が出やすいという特徴があります。






表情を作るだけなので手軽だし、道具もスペースも必要なく、誰でも今すぐにでも始められます。






悩みが多い人ほど、ぜひ顔ヨガを試してみて欲しいですね。年齢に関係なく、その効果を実感していただけると思いますよ」。






顔ヨガの効果とは?













顔ヨガの効果






では、顔ヨガには具体的にどんな効果があるのでしょうか?






「顔ヨガで目指すのは“小顔・若顔・幸せ顔”です。






まず、見た目でいうと、顔のむくみ、たるみ、目の下のクマ、ほうれい線、表情ジワなどを改善することができます。






全体的にリフトアップするのでキュっと引き締まった“小顔”に、そして年齢を感じさせない“若顔”になれます。






また、長年の悪いクセや習慣の積み重ねで生まれた顔の歪みがとれて、左右のバランスが整った顔になります。血行がよくなり新陳代謝が活発になるおかげで、顔色が明るくなり艶とハリのある美肌に。内側から輝くような“幸せ顔”になれるんです。






見た目以外には、リフレッシュ効果、ストレス解消などが挙げられます。






イライラしたり緊張したり、ストレスが貯まっている時って、顔もこわばっていますよね。そんな時に顔ヨガをすると、 顔の筋肉がほぐれ、深い呼吸で副交感神経が刺激されて心もリラックスできます。






また、意外な効果としては、脳の活性化にも繋がると言われています。






脳の活性化には、手・足・顔の筋肉を動かすことが効果的だそうです。脳に近い顔の筋肉を動かすことで頭部の血の巡りも良くなりますし、普段動かさない顔の表情を動かすことで、脳に刺激が行きやすくなるんです」。






間々田先生が顔ヨガをお勧めするのは、誰よりもご自身がその効果を実感しているからです。顔ヨガに出会う前の38歳の時と現在の写真を見比べてみてください。













「38歳の時のほうが太って、疲れて見えますよね?でも実は、今の方が5キロ以上体重は多いんですよ。






顔ヨガを始めたことで口角もほおも上がり、フェイスラインがシャープになった。それだけで、印象がずいぶん変わったのが一目瞭然だと思います。






また、見た目の変化と同じくらい顔ヨガの効果を実感しているのが、気持ちの変化です。






もともと私は、くよくよ悩みがちなタイプで、ささいなことで1週間2週間悩んでばかり。疲れている時は疲れた表情しかできませんでした。でも今は、疲れている時こそ少しほっぺたを上げようとか口角を上げようとか、意識して表情を作るようにしています。






すると、「疲れてるね」の代わりに「いいことあった?」などと言われることが増え、自分が笑顔でいることで周りの人もにこにこ接してくれるようになりました。その結果、気持ちも明るくハッピーな状態をキープできるようになったんです」








鏡で現在・過去・未来の顔チェック









<< 前ページ | 次ページ >>

ハッピーアンチエイジング♪顔ヨガ特集インデックスへ