おっぱい番長☆朝井麗華先生監修『乳トレ』でHAPPYビューティケア特集

監修紹介 | 特集トップ

Vol.4 1日の終わりは巡り美人!巡りを良くするメソッド編






1日頑張った体は、疲れが溜まりやすいもの。放っておくと巡りの悪いBODYとなり、太りやすくなったり、むくみやすくなったりしてしまいます。もちろん胸にもよくありません。
1日の疲れはその日のうちに解消しましょう!そこで、体の巡りを良くする簡単なメソッドをご紹介致します。(文:土屋美緒/撮影:石引 卓/出典 『水毒を溜めない人は美しい』発行元:大和書房)






1日の疲れを流す 1分背骨刺激






凝り固まっている人が多いのに自分では刺激しにくいのが、背中から腰にかけての筋肉。






お尻を使って歩くことで背骨の両側にある筋肉を動かせば、巡りが良くなりむくみも解消。






デトックス効果が期待できます。




















【1】足を前に伸ばした状態で畳や床に座り、お尻を右、左、と交互に上げ下げしてお尻歩きをします。
歩く時、上げたお尻と同じ側の肩を上げるのがポイント。右のお尻と右肩、左のお尻と左肩をそれぞれ同時に上げます。













【2】肩でお尻を引き上げるイメージで、背骨は曲げずになるべくまっすぐ上下に動かすことを意識して。
1分間を目安に、スペースに応じて前後に自由に歩いてみましょう。













オフィスなどでは、椅子に座ってその場で背骨刺激をすればOK。
ほんの1分程度行うだけで、座りっぱなしでむくんでいた足の状態や、腰、首、肩などの凝り具合がいつもと違うことに驚くはずです。














1日の疲れを流す 1分逆立ち









<< 前ページ | 次ページ >>

「乳トレ」でHAPPYビューティケアインデックスへ