特集コンテンツ
お正月太りの今がチャンス!サイズアップ!美乳を育むダイエット

No.3


速効で美乳&継続で
さらにサイズアップ!


ほんのちょっとしたことで、バストが豊かに見える。

これを続けることで美乳が育まれ、その美しさを守ることもできる。

とっても魅力的な方法をラインアップしましたので、さっそくトライしてくださいね。


姿勢を正すだけで、見え方が違う!カラダも変る!


猫背になっているときと、背筋を真っ直ぐにしたとき。

明らかに胸の大きさは違って見えますよね。

だったら、しっかり背筋を伸ばしたほうがトク!

それに正しい姿勢をキープしていると、自然と筋肉が強化されてバストのトップ位置も上がってきます。

さらに、歩き方や座り方にもこだわれば、脂肪も燃えやすくなってどんどんスレンダーになるのも夢じゃないのです。

さっそく始めたい!正しい姿勢

・ 両足のかかとをつけて、つま先を45度に開く。
・ お尻を引き締めて、お腹を引っ込め、バストの位置をキープしたまま肩の力を抜く。
・ 軽くアゴを引いて、背筋を伸ばす。

歩くとき・座るときのポイント

・ 上記のお尻とお腹の状態、バストや肩、アゴの位置をできるだけキープ。
・ 歩くときは、かかとから足を真っ直ぐ前に踏み出すイメージで軽快に。
・ 座るときは、90度くらいの角度で膝を曲げ、膝をくっつける。




下着の選び方・つけ方が、大きな差に。


「約7割もの女性が自分のバストサイズに合っていないブラジャーをつけ、その大半が実際より小さなカップを選んでいる」というデータがあります。

つまり、きちんとしたサイズのブラをつけるだけで、今よりぐんと胸が大きく形よく見える可能性があるワケです。

ブラはデザインによってカップサイズも微妙に異なるので、毎回採寸&試着してから買うようにしましょうね。

また、より美しいシルエットにするには、カップサイズだけでなくつけ方にもこだわりたいものです。

上手なつけ方

(1). 肩ひもを腕に通したら、前かがみになった状態で乳房をカップに合わせ、ホックを止める。
(2). カラダを倒したまま、カップに手を入れて乳房を引き上げ、乳房をきちんとカップにおさめる。
(3). カラダを起こして、ブラの上下や脇から乳房がはみ出していないか、背中にも段差ができていないか確認。体幹部から乳房が出ていたり、段差があると太って見えるので注意して。
(4). 最後に、肩ひもを調整する。


▼朝つけた状態をキープするために!【ブラ直しのススメ】


ストラップがずり下がってきたり、カップに隙間ができてきたり…。カラダを動かすと、どうしてもブラがずれてしまうもの。いつもキレイなシルエットでいるために、お化粧直しやトイレのタイミングで、ブラ直しをしましょう。実はコレ、モデルやタレントさんも、みんなやっている習慣なんですよ。


▼美乳を守るために!【夜や運動時のブラ】


バストはとってもデリケートな構造をしています。激しい運動をするとクーパーじん帯が切れてバストが垂れる!というのは、前回もお話しましたね。で、夜寝ているときの寝返りによる揺れも、バストが垂れる原因のひとつに。縦方向の揺れにも強いスポーツ用や、心地よく眠るための工夫がされた夜用のブラもあるので、TPOに合わせてブラを選び、いつまでも若々しい美乳を守りましょう!


お風呂上りの習慣に。バストを慈しむマッサージ。


形の良い美乳を育むために、脂肪がやわらかくなっているお風呂上りを狙ってマッサージ。

指すべりのいいクリームやジェルをつけてから、下から上へと向かって乳房のまわりをやさしく刺激します。

デリケートなバストの構造を考えて、やさしくさすり上げるようにするのがポイント。

「美乳になりたい!」「自分を慈しんでいる!」という気持ちを表わすマッサージは、女性ホルモンの分泌にも好影響。

ぜひ、毎日の習慣にしてくださいね。


あらゆる角度からの努力を重ねて、美乳でスレンダーなボディを!というわけで、美乳を育むダイエットの具体的な方法は、これで終了。

けれどもうひとつ、ぜひ知っておいてほしいことがあります。

それは、「乳がん」について。

次回は、健康であってこその美乳という視点から、お話していきます。

きっと役に立つので、必ず読んでくださいね。


取材協力:
「下着の選び方・つけ方」ワコール
ワコール ナイトアップブラ

http://www.wacoal.jp/pw/night/